• soukenclub.com

近日入荷予定 マイセン 自然主義 オツィエ・レリーフ 4モチーフ カップ&ソーサー 特注 使える芸術品 メーリアン&ブラウンスドルフ由来の超高額品 現在日本未発売 すべて一級品

実用できる芸術作品、食器のロールスロイス

現在のマイセン磁器で花絵食器の最高額帯に位置する「Naturalistisch-自然主義」

カップ&ソーサー4絵柄が入荷いたします。


マイセン磁器で極めて人気が高く、また有名でもあるフラワーシリーズ。

その中でも特別な絵付け、自然に忠実に描く「自然主義」

自然主義様式という表現法は、それまでの様式的な花絵付けではなく、花を自然にあるがままに描写しようという技法で、その技術も全く異なります。


一般的な花絵は筆跡を感じさせないように、細か筆致で正確に描いてゆく事が要求されますが自然主義様式の花絵は筆の動きや勢いといったタッチを生かす描法で、まるでスケッチや水彩画のような絵付けです。


筆数が多い描写がともすれば造花のように感じられてしまうのに対し、筆数が少なく一見粗雑に見える描写は距離をとって見ると非常にリアルに見える。

これが自然主義様式絵付けの特徴で、極度の技量を要するため、わずか数人とも言われるペインターしか描くことのできないと言われる特別な技法です。

マイセン自然主義は、別名「ブラウンズドルフ様式」とも言われ、旧500マルクの肖像でお馴染みの自然学者であり画家でもあったマリア・ジビーラ・メーリアン(1647-1717)の昆虫変態図譜や植物図鑑から着想を得て、同じく画家であったブラウンズドルフ教授(1841-1922年)により考案されたと言われています。

この絵付け方法は、当時流行した印象派の絵画に強く影響を受けていると言われており、ドイツの自然の中にそのままで存在している草花の美しさを気取ることなく、極めて大胆かつ自然なタッチで絵付けしてあります。

自然主義は大別すると2種類、昆虫有と無しに分類できます。

昆虫付きの方が高額となり、人気も高くなります。

特に今回入荷作品は昆虫付き、カップのハウプト・ブルーメとソーサーのビンデ・ブルーメが同じの揃い絵タイプ、更に高級レリーフフォームである「Altozier~オツィエ・レリーフ」仕様となります。


一般的な自然主義のカップ&ソーサーは現在日本からオーダー出来ますが、その価格は一客なんと約22万円。

本作のオツィエ・レリーフ蝶付きは、高額な自然主義の中でも最高額帯に位置しており、現在通常のオーダーは不可能で、全てが特注作品扱いとなります。


ペインターの裁量権が大きい本作の場合、メインフラワーを指定して、ペインターにお任せして描いてもらうため、同じものは二つとなく、その全てが一点もの扱いとなります。

仮にオーダーした場合、極めて高額であることは言うまでもありません。


各一客のみです。ご期待ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterest
  • Instagram

お問い合わせ soukenclub@gmail.com

お客様専用ダイヤル 043-386-3048