MFP-000
MFP-001
MFP-002
MFP-003
MFP-004
MFP-005
MFP-006
MFP-007
MFP-008
MFP-009
MFP-010
MFP-011
MFP-012
MFP-013
MFP-014
MFP-015
MFP-016
MFP-017
MFP-018
MFP-019
MFP-020
MFP-021
MFP-022
MFP-023
MFP-024
MFP-025
MFP-026
MFP-027
MFP-028
MFP-029
MFP-030
MFP-031
MFP-032
MFP-033
MFP-034
MFP-035
MFP-036
MFP-037
MFP-038
MFP-039
MFP-040
MFP-041
MFP-042
MFP-043

マイセン マントルクロック 名作 花時計 1770年頃 ケンドラー&アシエ原型

人形 フィギュア フィギュリン 置時計 超高額 アンティーク

価格交渉はこちらから

メッセージを送信しました

価格交渉はお気軽に!!

何度して頂いても無料です。

売買が成立するまで一切お金はかかりません。

 

参考価格は販売者の希望価格です。

掲載している作品には委託販売作品も多数掲載されています。

時期や状況により、思った以上の値引きが期待できる場合もございます!

当店はお客様のご希望額で売買が成立できるよう所有者様と根気よく交渉いたします。

 

価格交渉以外でも、ご質問、ご希望などなんでも結構です。

上記よりお気軽にご連絡をお願いいたします。

参考価格 \1,150,000-

大変希少な作品なので最後までお読みになってからご入札ください!
 

マイセン磁器の重要なジャンルとして「置時計」マントルクロックがあります。

その芸術性と大きさから極めて希少且つ高価で、アンティーク作品を実際に見るには美術館などの公設展示に頼るしかありません。

 

本作も数少ないマイセンマントルクロック作品の中の一作で、いわゆる横型というジャンルになります。

縦型の代表作には四季や五大元素などの神話や寓意作品が多く、横型はロココ様式を取り入れた作品が多くなります。

 

特に横型はその形状から時計を入れるケース部分にスペースを割くことが難しく、制作には困難を極めたと言われております。

造形に関しても縦型よりも花数や人形の数が少なくなるため一つ一つが大きくなり、ごまかしがきかないため、その時代のトップマイスタークラスにより制作されます。

本作はその横型マントルクロックの代表作と言われ、マイセン磁器本社HPや各美術書などでもマントルクロック名作として必ずと言ってよいほど掲載されております。

 

しかしこれだけ有名な作品にもかかわらず、その大半は謎とされています。

諸説あるのですが、原型制作年、作者に至るまではっきりしていません。

下記は今回入荷作品の詳細で、原型制作年と作者は最も有力な説を引用しております。

≪英名≫
Clock encireced by applied flowers set on a floral base. A putto sitting by the side of the clock,reading a book. Depicting Poetry.
(Meissen Collector's Catalogueより)

≪モデラー/推定≫
ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー(Johann joachim Kaendler 1706-1775)
ミッシェル・ヴェクトール・アシエ(Michel Vitor Acier 1736-1799)
による合作

≪原型制作年/推定≫
1770年頃

≪モデルナンバー≫
60845(Alt Y52)

≪グループ≫
Art(芸術)

≪等級≫
一級品

≪制作年/推定≫
1950年頃

≪サイズ≫
幅305mm 高さ280mm 奥行190mm
※サイズはスケール計測なので参考です。またマントルクロックなので素地が厚いため相当の重量があります。

≪コンディション≫
トップコンディション
割れ欠け修復のない完全体と思われます。
制作当時のままの最高品位の作品です。
時計は換装済み(ドイツ製クオーツムーブメント/Mercedes製/実働)
※時計は消耗品なので保証対象外です。