• soukenclub.com

近日入庫予定 非売参考作品 マイセン 印象派花絵付最高峰 通称「ブラウンスドルフ薔薇の花束」 装飾絵皿 デコラティブプレート 希少作品


印象派花絵付の巨匠、ユリウス・エドゥアルト・ブラウンスドルフ(Julius Eduard Braunsdorf 1841-1922)による考案の花絵付け、その中でも同氏のマスターピースでもある、通称「ブラウンスドルフ薔薇の花束」

デコラティブプレートが近日入荷いたします。

ブーケ  旧画法  超希少  高額ライン  マイセン  日本未発売  特注品  珍品  meissen  一点もの  プレート  マイセンフラワー  入荷予定  テーブルウェア  Naturalistisch  自然主義  ブラウンスドルフ  Braunsdorf  飾り皿  花瓶  vase  オープンワーク  装飾絵皿

ユリウス・エドゥアルト・ブラウンスドルフ(以下ブラウンスドルフ)は19世紀後半に活動したマイセンのペインターです。

19世紀後半はマイセン磁器をはじめとする西洋磁器にとって極めて重要な時代です。

自然や人物をありのままに描写しようとする写実主義にはじまり、光の動きの表現に重きをおいた明るい色彩が特徴の初期印象派が世に出ました。

細かい描写が主の写実主義で描かれたポートレイトや風景画等は需要も多く、磁器作品においてはネームド・ヴューを代表とする風景画や細密画も出現いたしました。

時同じくマイセン磁器においても双璧をなす新しい絵画技法の作品が現れてきており、当該作品もその技法で描かれた作品です。

ブラウンスドルフ氏は若くしてマイセンで修行(1858年〜1862年)を積み、以降フラワーペインターとして働きながらマイセン美術学校で教鞭もとりはじめ、1900年には教授となり1906年の引退の年まで作品を残していきます。

同氏の描いた花は見た目も構図も写実的ではあるものの、あまり細部とらわれない大胆な筆致により輪郭線をつくらない、磁器絵付けの難技法である「ぼかし」の入った表現となっています。

同氏は磁器においてこのような花絵付けでいちはやく作品を残し、後に彼の名を冠してブラウンスドルフ様式の花絵付けと呼ばれるフラワーペインティング技法がマイセンで使われるようになりました。

代表として「自然主義」が挙げられますが、マイセン磁器を代表するマスターピースであり、花絵付けでは最高ランクの高額作品群です。

今回入荷作品はそのブラウンスドルフ様式花絵付けの中でも最も人気があり、最高位に位置する、通称「ブラウンスドルフの薔薇」

その中でも滅多に見ることのない紅白の薔薇の花束が描かれており、更に最も価値の高いとされる油絵調の作品で、筆の運びや凹凸まで表現されており、素地も希少性の高いチョコレート地と極めて稀有な作品です。

直接目にすれば一目で特別な作品と分かる存在感があります。

また、ある一定の距離からその絵付けを眺めると、あたかも薔薇が浮き出して来るように見えるのがブラウンスドルフの薔薇の特徴です。

技法や製作行程も非常に高度である事、その為ペインターに極度の技量を要するため、ブラウンスドルフの薔薇はマイセンの中でも最高の品位と金額の作品と位置づけられています。

乞うご期待