• soukenclub.com

近日入荷予定 古マイセン ワトー系譜多彩色 Jagdszene~狩猟画 キャビネットプレート 飾り皿 フルコバルト 金彩縁 王侯貴族文化 希少作品


古マイセン アンティーク西洋磁器のマスターピースであるJagdszene~狩猟画

19世紀マイセン磁器を代表する作品です。

写真をご覧いただけましたら説明は不要かと思います。

ロココ時代、宮廷文化そのものの絢爛豪華さと上品な華やかさを併せ持つ飾り皿、キャビネットプレートです。

コバルトベースに複雑な金彩を纏い、細密画が描かれています。

※ワトーにつきましては下記を参照ください

特筆すべきはご覧の通り絵付け

狩猟画はマイセン磁器絵付け、モチーフの中でも高難度レベルと言われ、制作数が少ないのが特徴です。

その為アンティークともなると更に現存個体が少なく、滅多にお目に掛かれない作品となります。

当時の華やかな時代感がコミカルに描かれており、王侯貴族文化を伺える作品で、マイセン磁器アンティークコレクター向けの作品となります。

乞うご期待!

マイセン ワトー画

1741年、ロココを代表する画家、アントワーヌ・ワトー(Antoine Watteau 1684-1721年)のエッチング(銅版画)を基に王室の命を受けたヨハン・グレゴリウス・ヘロルト(Johann Gregorius Hoeroldt 1696-1775)が完成させたマイセン磁器最高峰絵付けと言われる「ワトー Watteau」が誕生しました。 短い時代に花開いたロココ宮廷文化の代表的な芸術品、華やかで甘美な世界観があり、絢爛豪華な作品です。