• soukenclub.com

10月中旬入荷予定 マイセン人形 羊飼いのシリーズより 「羊飼いの恋人たち」 アシエ、シェーンハイト合作


熱狂的なファンがいらっしゃることでも有名な作家、ミッシェル・ヴェクトール・アシエ Michel Vitor Acier(1736-1799)

五感の寓意や決定的な選択、神話オリンポス十二神など孤高の名作群を世に排出しているヨハン・カール・ シェーンハイト Johann Carl Schönheit(1730-1805)による合作の名作です。

アシエ, acier, meissen, マイセン, 人形, フィギュリン, 入荷予定, schonheit, シェーンハイト, 羊飼い

ミッシェル・ヴェクトール・アシエ Michel Vitor Acier(1736-1799)

造形家 1736年1月20日にヴェルサイユ(フランス)で生まれ1799年にドレスデンで亡くなる。 1764年8月1日から1780年12月までマイセンに雇用された。七年戦争(1756年~1763年)の後は、市民層の経済的発展と自由主義の前章時期でした。そこで新しい市民的価値をマイセン社にも取り入れようとパリから引き抜かれた人物。1764年マイセンにに入社して、ケンドラーと並んで造形家として活躍する。ケンドラー没(1775年)後、モデルマイスターとして後継者になる。新しい時代の好みのもの(新古典主義的なルイ16世様式の作風)を作り上げ、1780年に退社するまでに200体の人形や群像を作り上げた。

ヨハン・カール・ シェーンハイト Johann Carl Schönheit(1730-1805)

造形家

1730年2月、シェーンハイトはマイセン磁器の機械工の息子としてマイセンに生まれました。父親の影響で造形技術を幼年から習得し、11歳の年齢でマイセン磁器に雇用される。

1745年から正式に造形師としてケンドラーのもとで制作活動の一端を担うこととなる。

1764年からは白磁造形のトップ技師となり、以降ケンドラーやアシエの時代において非常に重要な作品を世に排出いたしました。

1772年、後にシェーンハイトの代表作となる「五感の寓意」制作

1782年、Mythology 神話オリンポス12神をJüchtzerと共同制作

1787年、大作「決定的な選択」「二人の求婚者」制作

などなどです。

上記はほんの一例でマイセンを代表する名作を数多く制作しています。

ケンドラー死後以降アシエの時代も含み、影のトップモデラーとしてマイセンに君臨しました。俗に言う「無冠の帝王」、トップモデラーの称号がなかったため謎多き造形師となり、それが要因して逆に近代では作品の流通量が少ない事もあり人気が高くなったようです。

晩年は病との戦いで1794年にマイセン磁器を引退。

引退以降もマイセンに居住し、同氏の最高技術を後世のモデラー達に伝えたと言われています。1805年5月27日、生涯住み続けたマイセンにて死去。