• soukenclub.com

10月初旬入荷予定 マイセン 人形 ユーゲントシュテール期の超名作 「ボールを拾う少女像」 原型タイプ特大


ユーゲントシュテール期(アールヌーボー)で最も有名…というより、マイセン人形の中でも屈指の有名かつ人気作品

「ボールを拾う少女像」

作者はウォルター・ショット(Walter Schott 1861-1938)

入荷予定, マイセン, meissen, 人形, フィギュリン, 限定, ユーゲントシュテール, ウォルター・ショット, w. schott, ボールプレイヤー

余談ですが日本では「ボールを拾う少女像」 「ボール遊びをする少女」「珠遊びをする少女」など呼び方は様々です。

透けた衣に若い女性の裸体、髪や肌の質感…1897年のドレスデン展示会に出品されて一躍有名になりました。

「少女」と呼ぶにはあまりに艶めかしいお姿のせいか?!日本総代理店では「ボールを拾う女性像」と呼んでいるみたいです。

さて、ここからが本題です。

大変有名な作品ですのでご存知の方も多いと思いますが、当作品の現状を簡単にお伝えいたします。

「ボールを拾う少女像」

日本だけではなく世界的に見てもマイセン屈指の人気作品ゆえ、需要が非常に高いのは言うまでもありません。

当作品には2種類の大きさが存在しているのは有名ですが、一般的に目にできるのは小さいタイプ(高さ約30センチ、正規代理店参考価格1,080,000円)

このタイプは2006年に復刻作品として世に出ました。

今回入荷する作品は大きなタイプ(高さ36センチ、正規代理店参考価格1,836,000円)です!

型番Q180(現型番 900380-73414-1)

現在、この大きな作品は日本では購入できません。

仮にオーダーしても数年の納期、さらに上記価格ほどの資力が必要です。

「ボールを拾う少女像」 大と小…

同じタイトルの作品であっても全く別物です。

もちろん価格が全く違いますが、現在における希少性、購入の難易度、どれをとっても大きなタイプに軍配が上がります。

現在マイセンドイツ本社では、この大きなタイプには厳しい制作制限を課しています。

ざっくり1年に数体しか製作されていないため、仮オーダーがたまり、納期が数年になっているようです。

そのため日本総代理店でもオーダーを入れておらず、また日本国内にも在庫がないため、実際購入は出来ないとのこと。

購入のハードルが非常に高い作品です。

最後に肝心の価格ですが…なんとかがんばって破格で販売予定です

もちろんトップコンディション!

お探しの方はご期待ください